2022年度の稲作より、弊社が運営する「Daijyu‐大樹‐ファーム」の田んぼの区画オーナー様を募集することを決めました。

淡路島でも若者の田舎離れや農家の高齢化といった要因で農業の担い手が不足しています。

僕らの活動拠点(淡路市の育波・室津地区)もあと5年ぐらい経つと後継者が不足しているため耕作放棄地が今よりも増えてしまうと言わています。

耕作放棄地が増える事=農地として活用することが難しくなくなってしまう。という問題があるようです。農地として活用できる圃場(田んぼや畑のこと)が減少するということは、国内での自給率が更に低下してしまうことになります。

それを少しでも食い止める事が、「子供たちの明るい未来をつくる!」ことに繋がると考えています!!

今回は皆さん自身の健康づくりはもちろんのこと、「子供たちの明るい未来をつくる!」取り組みに対して、皆さんのお力とご支援も頂ければと考えた結果として、「田んぼの区画オーナー制度」を設置しました!!

この取り組みに賛同してくださる方が増える事で、僕たちが管理できる農地を増やす事ができます!!

ご協力頂ける方からのお申込みをお持ちしています!!!

オーナー募集の内容

オーナーになる皆さんには、僕たちが現在(2021年12月時点)管理していこうと考えている約9反(2,700坪)の農地の内、田んぼとして活用を考えている5反(50アール:1,300坪)を希望の区画数(1区画:1アール)を購入して、お米づくりに参加して頂きます!

※2022年は、コシヒカリを自然栽培する予定

農作業(苗づくり、田植え、除草、稲刈り、水の管理、収穫後の管理など)は、Daijyu‐大樹‐ファームが行います。オーナーになって頂いた方には、ご希望の作業に参加して頂く事も可能です!お一人様はもちろん、家族やご友人と一緒にオーナーになって頂くことも可能です!!

また、法人の福利厚生として導入していただき、従業員の皆さんの健康づくりの一環としてもご参加頂ける法人様も同時に募集しています!!

収穫したお米はすべてオーナー様にお届け致します。ご自身やご家族、ご友人と食べるのも良いですし、販売して頂いても構いません。

僕たちが農業を取り組む事を決めた、日本の食料自給率を上げる活動環境問題を改善する活動のご支援をいただけますと幸いです。

2022年 栽培スケジュール(予定)

  • 2021年12月~2022年4月上旬 圃場の整備
  • 畔道の整備
  • 除草
  • 害獣(イノシシ)の対策
  • 4月中旬~下旬 苗床づくり/育苗
  • 5月~6月上旬 苗の管理/田んぼ準備
  • 6月中旬 手植え/機械植え
  • 6月下旬~ 除草/水の管理
  • 9月下旬~ 稲刈り/はざ掛け
  • 10月上旬~ 脱穀
  • 10月中~ お米の発送スタート

オーナー料金

1区画(1アール):38,500円(税込)

  • 募集区画数:40区画分
  • オーナー期間:2022年4月1日~2023年3月31日(1年間)
  • 募集期間:2021年11月11日~2022年3月31日

※区画数が埋まり次第、終了させて頂きます。

オーナー保証

1区画(1アール)玄米:45㎏ / 白米:40㎏

※自然栽培での米づくりは、最大で60㎏の収穫量(玄米)が見込まれています。

※白米の方が保証量が少ない理由は、玄米から糠を研ぐことで白米にしています。玄米から白米にするときに約1割程度の糠(4.5~5㎏)が減るからです。

オーナー特典

  • 送料無料:最大5回に分けて発送します

※1㎏、2㎏、3㎏、5㎏、10㎏の袋をお選び頂き、梱包して発送します

  • Daijyu‐大樹‐ファームの畑で育てている季節のお野菜や加工品をお届けします
  • 提携先の農家さんの果樹やお野菜をお届けします
  • 田んぼでの農業体験はもちろん、畑での収穫体験も開催予定です

※収穫して頂いたお野菜もプレゼント

  • 稲の生育状況は写真や動画にて専用のSNS、メルマガなどにてお送りします
  • 僕たちの畑で収穫できたお野菜を特別価格にて販売させて頂きます

お申込み方法

オーナーとしてお米づくりのご参加頂ける方は、メールまたは、下記のオンラインショップのオーナー募集のページよりお申込みくだい!

□メールアドレス:office@1andonly.co.jp

下記の情報をご記載頂きメールをお願いします

  • お名前(ふりがな)
  • ご連絡先(メールアドレス/お電話番号)
  • 郵便番号
  • ご住所
  • ご希望の区画数

□オンラインショップ

こちらをクリック ☞ 2022年度 田んぼ区画オーナーの申し込み